【上海でランチ】金桂皇朝に行ってきた

      2018/07/17

金桂皇朝(南京西路店)でランチした時の写真を紹介します。


 
横浜中華街にありそうなお店の名前です笑
まあそれはおいといて、この中華レストランは久光百貨店というデパートの8階に入っています。


まずは腸粉。蒸し春巻きみたいなものです。香港でよく見かけますが、上海でも食べれます。皮は薄く、とろっとしてやわらかい。腸粉と青菜にたっぷり染み込んだタレは、オイスターソースをちょっと甘くしたかんじがしました。

 


点心だけでなく焼きそばも頼みました。見た目は普通のソース焼きそばみたいですが、結構ピリ辛でパンチの効いた味付けでした。

 


ここの小籠包は皮が厚めで、中はスープというよりは肉餡がぎっしり入っています。皮が薄くてスープがたっぷり入っている台湾の小籠包と違いますが、これも美味しかったです。

 

ほかにチャーシューまんや鶏の爪蒸しなどをシェアしながら食べました。

最後のデザートは杏仁豆腐を。もうおなかいっぱい。ごちそうさまでした!

 

オリジナルの月餅が買えるみたいです。

私たちがお店を出た後もかなりの行列ができていました。デパートの飲食街は平日休日関係なくいつ行っても激混みですね。

<Sponsered Link>


<Sponsered Link>




 - おすすめ旅行情報 上海, 上海グルメ