日本語対応のおすすめ台北ホテル!タンゴホテル林森館 旅行記

      2018/05/27

台北で便利な場所かつ日本語が喋れるホテルスタッフがいるホテルをネットで探していました。

しかも一泊一室一万円台に収めたい。迷いましたが以前宿泊したことがあるタンゴホテルならハズレないと思い再訪しました。

スタッフは皆さん親切な対応だったし、部屋は綺麗でしかもお風呂はジャグジー付き。前回同様満足感の高いホテルでした!



ホテルの立地


タンゴホテルは台湾で展開するホテルチェーン。台北市内でもたまに見かけます。

タンゴホテル林森館は和食のお店や居酒屋が多い日本人街にあります。だから利用客は日本人が圧倒的に多かったです。

台北市内の中心・中山地区に位置していて立地的にも良いです。最寄りの中山駅からは徒歩10分くらいはかかったけど、ずっと繁華街を通っていくので退屈しませんし、治安面でも安全です。

 

タンゴホテル林森館(天閣酒店-台北林森)

 

ロビーでチェックイン


ロビーはこんなかんじ。夜遅くに桃園空港からはるばる1時間かけてやってきたので私たちは疲労でいっぱい。

でも日本語がペラペラの方が対応してくれたのでチェックインがとてもスムーズで助かりました。

やっぱり日本語が通じるホテルはとっても楽ですね!

 


チェックインした後は自分たちでエレベーターに乗って部屋に行きます。

チェックアウト時には、スタッフにタクシーを呼んでもらいました。
ホテルから松山国際空港まではタクシーは15分、800円くらい。桃園空港からホテルまでタクシーで約1時間、5000円でした。

 

部屋の紹介

プレミアムスイート ルーム


リビングルームとベッドルームに別れた39㎡のお部屋です。最大3名利用可能。

位置づけはスイートルームなのですが、それでも楽天トラベルで申し込んで約15000円で泊まれました。


奥はキングサイズベッドルームになります。


今回は3名利用だったので手前のリビングルームにはエキストラベッドが入りました。


リビングルームのデスクとテレビ。


荷物はこちらに置けます。


タンゴホテルオリジナルの茶葉、インスタントコーヒー、お水。


バスルームの様子。洗面台、シャワーブース、


トイレ。日本人にとってありがたいTOTOのウォシュレットです。


アメニティグッズ。ホテルオリジナルの手作り石鹸も入っています。


そして、大きなジャグジー付きのバスタブ!

浴槽が大きいのでお湯を入れるのに時間がかかったけど、それを乗り越えれば天国のようなバスタイムが待っています。ブクブクの泡に包まれて癒されました.。o○


バスタイム後は速攻就寝。おやすみなさい。

 

スーペリアルーム


以前泊まった時の写真を載せておきます。1人利用ならこのお部屋が安くておすすめ。ちなみにこのお部屋もジャグジータイプのバスタブ付きです。

 

施設案内


フィットネスセンターで汗を流すことができます。6:00~22:00まで営業。

 


24時間オープンしているラウンジ。いつでもコーヒーとお茶が無料で飲めます。

ここで観光やショッピングに疲れてちょっと一息入れたりとか、旅の作戦を練ったりとか、各自で自由に利用してみてください!

また07:00~10:30の間は朝食会場にもなります。朝食については次の記事でレポしますね。

 

まとめ

・日本語対応可能なホテルスタッフが常駐している!

・どのタイプのお部屋もバスタブはジャグジー付き!

・価格は高級ホテルとビジネスホテルの中間くらい。お手軽な一人旅におすすめ!

Sponsored Link



Sponsored Link



 - おすすめ旅行情報 台北ホテル