松井珠理奈 パワハラの内容は?おぎゆかと宮脇咲良が嫌いなのかも調査

      2018/07/31

松井珠理奈さんはAKB総選挙で悲願の一位を獲得しました。

しかしおぎゆかと宮脇咲良さんにパワハラしている!という批判が殺到。

珠理奈さんのパワハラの内容とはどのようなものなのか、また珠理奈さんはおぎゆかと宮脇咲良さんが嫌いなのか調査してみました!

Sponsored Link

松井珠理奈がおぎゆかにしたパワハラの内容は?

AKB総選挙コンサート時の出来事です。

ヘビーローテーションの歌のライブ中に松井珠理奈さんはおぎゆかこと荻野由佳さんのマイクを奪ってサビの部分を歌わせなかったという事件が起こります。

ヘビロテの「いつも聴いてたfavorite song」という歌詞の部分を本来なら珠理奈さんとおぎゆかが一緒に一つのマイクスタンドで歌うはずだったんです。

しかしおぎゆかがそのマイクスタンドに近づいた瞬間、珠理奈さんはマイクスタンドからマイクを奪い一人でそのパートを歌い出しました。

おぎゆかは戸惑いましたがさすがプロ。

隣にあったマイクスタンドに移り最後まで笑顔でパフォーマンスしました。

一瞬の出来事だったのですが、ファンはもちろん見逃しません。

この珠理奈さんとおぎゆかとのやりとりの動画を拡散。結局珠理奈さんがおぎゆかにパワハラをしたという疑惑が一気に拡散されたのです。

またそれだけでなくチャンスの順番の歌の最中、珠理奈さんが急におぎゆかのイヤモニを外して耳元で囁きました。

イヤモニを外してしまうと歌に必ず支障が出てしまいます。しかもイヤモニは外すのは意外と楽だけど付け直すのは難しい。

おぎゆかはチャンスの順番が終わるまでイヤモニを何度も付け直そうと試みましたができませんでした。

この出来事も珠理奈さんがおぎゆかにパワハラした!と炎上しました。

以上が珠理奈さんがおぎゆかにしたパワハラの内容です。

松井珠理奈が宮脇咲良にしたパワハラの内容は?

総選挙コンサートで10年桜の歌の時に、本番中なのに松井珠理奈さんが宮脇咲良さんに対し急に怒鳴ってダメ出ししました。

珠理奈さんによると宮脇咲良さんに「もっとちゃんと踊って!」と言ったけど、それは咲良さんがAKB48を盛り上げるには必要な存在だったからとのこと。

しかし宮脇咲良さんはその出来事が原因でそのあとのライブパフォーマンスに出られなくなりました。

その時の咲良さんはちゃんと踊っていたのでなぜ珠理奈さんが説教したのか私はちょっと理解できませんでした。

珠理奈さんが咲良さんに対して何か怒鳴っている動画が拡散されたことと、囲み取材で珠理奈さんが咲良さんに対し注意したと発言したこと。

また総選挙中の珠理奈さんが咲良さんに対するライバルむき出しな態度・・・

以上が珠理奈さんが咲良さんにしたパワハラの内容です。

Sponsored Link

松井珠理奈がパワハラしたのはおぎゆかと宮脇咲良が嫌いだったから?

松井珠理奈さんはとにかく完璧主義者。また負けず嫌いの性格です。

宮脇咲良さんがセンターに抜擢されたりドラマに主演が決まってからかなりライバル視するようになりました。

NGT48として頑張っているおぎゆかも最近運営に押されています。

松井珠理奈さんはとにかく負けたくない!という気持ちが2人に対しかなり強いはず。

でも嫌いだからパワハラしたというのは違うのではないでしょうか。

とにかく珠理奈さんの負けず嫌いな性格が空回りしているだけだと思います。

松井珠理奈 パワハラの内容は?おぎゆかと宮脇咲良が嫌いなのか調査 まとめ

・松井珠理奈がおぎゆかにしたパワハラ内容→マイクを奪ったりイヤモニを外した

・松井珠理奈が宮脇咲良にしたパワハラ内容→10年桜のライブ中に怒鳴った

・松井珠理奈はおぎゆかと宮脇咲良が嫌いというわけでなくライバル視している

Sponsored Link

 - アイドル AKB