タンゴホテル林森館の朝食ビュッフェレポ【台北 中山でおすすめ】

      2018/11/12

部屋のジャグジーで朝風呂タイム。そのあとは地下一階のラウンジで朝食を食べに行きました!




宿泊者専用ラウンジで朝食


このラウンジは24時間営業していて、コーヒーやお茶が無料で飲めます。

07:00~10:30の間は朝食会場にもなります。

受付のスタッフに部屋番号を告げた後、好きなところに座って食事をとります。


いつでも飲み放題のコーヒー、紅茶コーナー。


アイスコーヒー、牛乳、オレンジジュース、グレープフルーツジュース、シリアル。


奥は温かい料理が並びます。


野菜炒め、肉団子、ビーフンなど家庭的な台湾総菜みたいなもの。

ベーコン、キノコソテー、スクランブルエッグといった洋食メニューもあり。


崩してしまうのがもったいないくらい盛り付けがきれいでした。


チャーハン。具はハムとエビでした。


炊飯器に入った白飯、おかゆ。


おかゆのトッピングもいろいろ。ふりかけと納豆、焼き海苔もあります。


サラダ、ドライフルーツ。あと生のフルーツも数点置いていました。


食パン、クロワッサン、マフィンなどパン。特に抹茶あんぱんがおいしかったです。

 

私が食べたもの


チャーハン、さやえんどうときのこの炒め物、鮭、ベーコン、スクランブルエッグ、さつまいも団子。あとアイスコーヒーとパン3種。

さつまいも団子は「地瓜圓」と言って、よく台湾の屋台で見かける揚げ団子みたいなもの。軽くておやつ感覚でサクッと食べれます。

料理は全体的に味があっさりしていて食べやすかった。宿泊客に日本人がいるからなのか、和食も置いていました。

ラウンジ内には大きなテレビも設置しています。NHKを見ながらモーニングしているお客さんが多かったです。

 

さいごに

正直朝食は期待していなかったですが小規模とはいえ台湾総菜がいくつかあり、またあっさりした日本人でも食べやすい味付けで個人的には結構良かったです。

一泊1万円台で宿泊できる日本語堪能なスタッフが常駐している綺麗なホテルでした。

高級ホテルとか特にこだわりがなければ、ここはかなりコスパが良いと思います。

ビジネス、一人旅、女子旅にぜひ検討してみて下さい!

スポンサーリンク




 - おすすめ旅行情報 台北ホテル, 朝食ビュッフェ