ドロ刑 6話感想&7話あらすじ!煙鴉と稲森いずみの過去が気になる

   

ドロ刑5話の視聴率は8.4%でした。

4話と同じ数字ですね。

うーん。なかなか2桁にならないなあ。

今のご時世、ドラマで10%超えること自体が大変なんだということがよくわかります・・・

けど6話のスペシャルゲストは豪華みたいだし、もしかしたら今回は視聴率が上がるかもしれません。

Sponsored Link

ドロ刑6話の見どころは?

斑目たちが担当するのは窃盗犯の主婦。

犯人が女性というのは今回が初めてですね。

さて、6話のスペシャルゲストですが、窃盗犯の主婦役は、余貴美子さん。

その義理の娘役に何と川島海荷さんが出演するとのことです。

しかももしかしたら初めて?の母親役をこなすみたいですよ~

川島さんと言えば、「怪物くん」や「ぴんとこな」など、結構ジャニーズドラマに出演しているイメージ。

斑目を演じるセクゾの中島健人さんとは一体どういう絡みがあるのか、これは楽しみですね~

また今回も斑目は危険な場面に遭遇する可能性が高いと思います。

けどそんなとき、必ず助けに来てくれるのが煙鴉。

斑目がピンチになったらケムさん頼みますよ~!

中島健人 神対応のセリフ!ファンサービスがかっこいいと話題に

ドロ刑 ,警視庁捜査三課,感想,あらすじ,ネタバレ

ドロ刑 -警視庁捜査三課-6話感想

最初斑目君のファッションセンスに正直びっくりしたけど、最近は見慣れてきたかな!

衣装がヒステリックグラマーみたいなんで、結構高くていいもの着てるなー

まあ実際警察があんな派手な服を着て捜査はさすがに無理だと思うけどね笑

それにしても中村倫也が演じる皇子山の決めセリフ?「暴れんな。」が毎回かっこよすぎ!

女性ならこれは絶対キュンキュンしちゃうでしょうね~!

海荷ちゃん、かわいいママさんってかんじで想像以上によかったです。

被疑者の余貴美子が誰かをかばってるんだろうなーってずっと思ってたけど、まさか旦那さんが・・・

あと余命3か月だから逮捕されないっていうオチもすごく切なかったです。

ただ娘の海荷ちゃんと仲が修復されたのが救いだったかな。

Sponsored Link

ドロ刑 -警視庁捜査三課-7話あらすじ

窃盗事件が多発している病院に潜入捜査する斑目たち。

その中で、窃盗犯の卓三は病院内をウロウロして物色していた。

ちなみに斑目たち13係が潜入していることを知っているのは外科部長の安斎と看護部長の鬼塚のみ。

しかし、その安斎は怪しい噂が絶えないらしくてどうやら要注意人物らしい。

皇子山も実はその病院に知り合いの医者がいるみたいで、何か引っ掛かることがあるみたいだが・・・

そんな中、病院の窃盗犯卓三を逮捕した斑目。

事件が解決したと思われたとき、看護部長の鬼塚が衝撃の告白をするという話です。

ドロ刑 5話感想&6話あらすじ!斑目を狙う人物は誰か気になる

ドロ刑 ,警視庁捜査三課,感想,あらすじ,ネタバレ

ドロ刑 -警視庁捜査三課-7話のみどころは?

今回、病院に潜入捜査するということで、斑目君の白衣姿が見れるのが個人的に楽しみです。

あと江口のりこさん演じるようこのナース姿も笑

そういや皇子山は病院の潜入捜査だけでなく煙鴉の家宅捜索もやるべきだと稲森いずみに申し出るけど、なぜか彼女はNGと言うんですよね。

もしかして煙鴉と稲森いずみにも過去になんかあったのではと勘ぐってしまいますが、果たしてどうなんでしょうか?


Sponsored Link



 - ドラマ