ドロ刑9話感想&10話あらすじ!煙鴉が復讐する理由が気になる!

   

ドロ刑8話の視聴率は7.6%でした。

とうとう8%切ったという結果になってしまいました。

先週は偽物の煙鴉が登場したり、13係の秘密が明らかにされたり、あと煙鴉が斑目と敵対することになったシーンなど盛りだくさんだったのになあ・・・

これから最終回に向けて視聴率が少しでもアップできることを願ってます!

Sponsored Link

ドロ刑9話の見どころは?

主人公の斑目は、13係というのは煙鴉を逮捕するために作られた部署だったことを稲森いずみから告げられました。

また皇子山にまで煙鴉は過去に人を殺していたという事実を言われ、さらにショックを受けます。

しかしやっぱりそれでも斑目は煙鴉が悪い人だと信じられない様子。

そんな斑目の前に再び現れた煙鴉ですが、いつもと雰囲気が違っていて斑目に銃を向けたのであった・・・

おそらくこのシーンでなぜケムさんが斑目に近づいたのか理由を話すことになると思います。

彼の本当の目的が9話で明らかにされそうですね。

あと映画「カメラを止めるな!」に出演して話題になった女優の真魚さんが、皇子山の妹役として登場することが発表されました。

皇子山の妹はすでに故人という設定なので、なぜ死んでしまったのかも気になります!

中島健人 神対応のセリフ!ファンサービスがかっこいいと話題に

ドロ刑 ,警視庁捜査三課,感想,あらすじ,ネタバレ

ドロ刑 -警視庁捜査三課-9話感想

ドラマ開始後すぐに斑目と煙鴉が対面するシーンでしたね。

煙鴉が斑目にただ銃を向けて脅しただけかと思ったら、本当に腕の部分を狙って打ったから衝撃的でした・・・

ただこのケムさんの威嚇っぽい行為は、もしかしたらこれ以上危険だから俺に近づくなという意味合いなのかなと私は妄想しています。

だって斑目君があまりにも可哀そうすぎるから・・

そういや煙鴉が本業の怪盗としてちゃんと活躍している姿っていまさらだけど初めて見たかも笑

来週最終回だけどそれでいいのか?

まだまだ謎だらけだけど皇子山の妹を煙鴉が殺したっていうのはたぶん違うんじゃないかなあ。

事故だったのかそれか別の人物の犯行なのか今度こそ明らかにされそうです。

衝撃的だったのは実は稲森いずみと煙鴉が知り合いだったこと!

この衝撃の展開で終わったから来週は絶対見逃せないですね!

あと煙鴉のこと北岡さんって言ってたけど、マジで何者なんだ?ケムさん。

とにかく今回が一番続きが気になる話でした!

Sponsored Link

ドロ刑 -警視庁捜査三課-10話あらすじ

煙鴉が柏木不動産の会長竜崎をターゲットにすると予告。

そこで13係は会社の周りを厳重体制で警護することに。

しかしそれをかいくぐり煙鴉は竜崎の私物を盗みました。

そのとき斑目は今まで煙鴉が盗んだものは全部個人情報に関連するものという共通点に気づきます。

また13係の細面が新聞記事の写真を解析していたら・・・・同僚の石橋杏奈が煙鴉に関して調べていた窃盗事件、また皇子山が妹の過去について調べていた情報が合わさり、煙鴉の正体があきらかになろうとしていました。

しかしその矢先、実は煙鴉の目的は、復讐のために動いていたことが判明。

そして本当の黒幕がついに分かるのであった・・・・
ドロ刑7話感想&8話あらすじ!煙鴉のニセモノの目的が気になる!

ドロ刑 ,警視庁捜査三課,感想,あらすじ,ネタバレ

ドロ刑 -警視庁捜査三課-10話のみどころは?

どうやら煙鴉は本当の悪党ではなさそうなかんじです。

あらすじは復讐が目的みたいなことが書いてあったので、ということは本当のラスボス的存在がいるのではないでしょうか。

稲森いずみが警察にとって不都合な情報を持っている煙鴉を消すために13係をつくったというのが明らかにされたので、彼女が怪しすぎがると個人的には思っています。

なぜ煙鴉は復讐しようとしているのか理由が一番気になります!

とにかく最後は主人公の斑目が煙鴉の真の目的、また正体まできっちり突き止めて、かっこよく決着をつけてほしいですね!

Sponsored Link



 - ドラマ